ローランドてんかんが、いつか治る日まで…

中学1年生の長女メイは良性小児てんかんの一種「ローランドてんかん(BECCT)」です。病気に負けずに、親子で頑張ります。

ローランドてんかんが、いつか治る日まで… > てんかん > てんかんの人の性格って?

てんかんの人の性格って?

今朝、メイとくだらないことでちょっとした言い合いになりました。




何かというと、テレビに映っていた方(一般人)の名前と年齢が出ていたんですけど、メイが「この人〇才だって、若い!」というので「違うでしょ、×歳だったわよ」と言うと「絶対に絶対に〇才って書いてあった!!」と。その後もしばらく、しつこく引っ張っていました。


その方のご両親の年齢も出ていて、明らかにメイの主張はおかしいとわかったんですけど、自分の考えは絶対正しい!!と一歩も譲らないんですよね。


中学校でもこんなこと言ってるんじゃないかと心配になりましたが、担任の先生に聞く限り、学校では大人しくて友達ともうまくやっているみたいなんですよね…家では妹にキツく当たったりすることも多いので心配ですが。




AD





昔は、「てんかん気質」といい、てんかんの人に独特の性格があると言われていたそうです。
具体的には粘着気質・きちょうめん・凝り性・ガンコ・勤勉・自己主張が強い・融通が利かない・粘り強い・執念深い・怒りやすいなど。

現在では否定されているようですが、もしかすると抗てんかん薬(イーケプラなど)の副作用だったり、もともと発達障害の傾向のある人はてんかんを発症する確率が高いことなどが関係しているのではないでしょうか。

メイには「誰だって見間違い、思い間違いというのは必ずあるんだから、絶対に自分が正しいと言い張るのはやめたほうがいいよ」と言いました。

一応、わかってくれたみたいですが…
ただでさえ中学生の娘、なかなか難しいですね。


にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村




AD

プロフィール

HN:
さつき
性別:
女性
趣味:
料理
自己紹介:
長男・長女・次女と夫の5人暮らし。
長女のメイが小学生の時に「ローランドてんかん」を発症しました。
同じ病気のお子さんを持つ親御さんのために何か参考になれば…
よろしくお願いします。



ローランドてんかんって?



「ローランドてんかん」は「BECCT(ベクト)」「中心・側頭部に棘波を持つ良性小児てんかん」とも言い、小児てんかんの中ではかなり多いものです。

3~14歳ぐらいの子どもに発症し、寝入りばなか早朝にシルビウス発作(意識が保たれたままで片側の口がピクピクしたり、よだれが出たりする)が起こります。





思春期をすぎると発作が起こらなくなり、18歳ぐらいまでには完治する子が多いと言われています。

ローランドてんかんであれば昼間起きて活動している時に発作が起こることはないので、監視がきちんとしていればプールにも普通に入れます。



(画像はピッツバーグ小児病院のサイトより拝借させていただきました)

AD