ローランドてんかんが、いつか治る日まで…

中学1年生の長女メイは良性小児てんかんの一種「ローランドてんかん(BECCT)」です。病気に負けずに、親子で頑張ります。

ローランドてんかんが、いつか治る日まで… > てんかん > ケトン食について

ケトン食について

小児の難治性てんかんの子どものための食事療法として「ケトン食療法」というものがあるそうです。これは炭水化物をかなり減らした食事で、脂肪をたくさん摂取し、抗てんかん作用を持つケトン体というものを体内で増やそうというものだそうです。










ケトン食というものを知った時、メイの主治医にちらっと質問してみたところ
「お母さん、そこまでしなくても…」と笑われてしまいました。
これは、ローランドてんかんにはケトン食は効かないっていうこと?それともメイには不要?
うーん…とにかく、話はそれっきりになりました。


医学的な難しいことはよくわかりませんが、ある種類の子どものてんかんに効果があるのなら、他の種類のてんかんや大人のてんかんにも効果がありそうに思えます。
でも実際にやり続けるとなると、なかなか難しいものなのかもしれません。
このあたりは、中学校も学校給食がありますしね。





AD





結局、メイには夕方以降甘いものやご飯を食べすぎないようにちょっと気を付けている程度です。でも、難治性てんかんの方でケトン食療法で発作が落ち着いているという話を聞くと、すごいなと思います。


食物アレルギーや糖尿病を始め、いろいろな病気の子どもがいるんだもの。
ケトン食療法も、さらに世間で認知されて理解と協力を得られるようになるといいと思います。






にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村




AD

プロフィール

HN:
さつき
性別:
女性
趣味:
料理
自己紹介:
長男・長女・次女と夫の5人暮らし。
長女のメイが小学生の時に「ローランドてんかん」を発症しました。
同じ病気のお子さんを持つ親御さんのために何か参考になれば…
よろしくお願いします。



ローランドてんかんって?



「ローランドてんかん」は「BECCT(ベクト)」「中心・側頭部に棘波を持つ良性小児てんかん」とも言い、小児てんかんの中ではかなり多いものです。

3~14歳ぐらいの子どもに発症し、寝入りばなか早朝にシルビウス発作(意識が保たれたままで片側の口がピクピクしたり、よだれが出たりする)が起こります。





思春期をすぎると発作が起こらなくなり、18歳ぐらいまでには完治する子が多いと言われています。

ローランドてんかんであれば昼間起きて活動している時に発作が起こることはないので、監視がきちんとしていればプールにも普通に入れます。



(画像はピッツバーグ小児病院のサイトより拝借させていただきました)

AD