ローランドてんかんが、いつか治る日まで…

中学1年生の長女メイは良性小児てんかんの一種「ローランドてんかん(BECCT)」です。病気に負けずに、親子で頑張ります。

ローランドてんかんが、いつか治る日まで… > ローランドてんかんとは > てんかんは完治する病気?完治しない病気?

てんかんは完治する病気?完治しない病気?

てんかんは、いったん発症するともう「完治」することはなく、「寛解」するだけである…という話を時々聞くことがあります。
緩解と言うのは、表面上病気が治まって落ち着いていることを指すのだと思いますが、実際のところローランドてんかんは完治するのかしないのか、どっちなのでしょうか。







ネットで色々と調べてみました。
本当の良性ローランドてんかんであれば、必ず治るということです。
つまり「完治する」ということだと思います。
まず中学生ぐらいで発作が起こらなくなり、その後脳波も正常化して治り、再発もしないそうです。


薬をやめても発作がなく脳波も正常なら、それはもう緩解ではなく完治した状態と言えますよね。





AD







ただ、それはあくまでも典型的な良性のローランドてんかんだった場合です。
ローランドてんかんっぽく見えても実は違ったというケースもあり、またてんかんの原因となる脳障害を持っている子供の場合は「完治」することは難しいみたいなのです。

てんかんの中にも、治りやすいものと治りにくいものがあります。
なぜそんな差があるのか、医学的な難しいことはよくわかりませんが…
どの種類のてんかんも、完全に治せるようになってほしいです。








にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村




AD

プロフィール

HN:
さつき
性別:
女性
趣味:
料理
自己紹介:
長男・長女・次女と夫の5人暮らし。
長女のメイが小学生の時に「ローランドてんかん」を発症しました。
同じ病気のお子さんを持つ親御さんのために何か参考になれば…
よろしくお願いします。



ローランドてんかんって?



「ローランドてんかん」は「BECCT(ベクト)」「中心・側頭部に棘波を持つ良性小児てんかん」とも言い、小児てんかんの中ではかなり多いものです。

3~14歳ぐらいの子どもに発症し、寝入りばなか早朝にシルビウス発作(意識が保たれたままで片側の口がピクピクしたり、よだれが出たりする)が起こります。





思春期をすぎると発作が起こらなくなり、18歳ぐらいまでには完治する子が多いと言われています。

ローランドてんかんであれば昼間起きて活動している時に発作が起こることはないので、監視がきちんとしていればプールにも普通に入れます。



(画像はピッツバーグ小児病院のサイトより拝借させていただきました)

AD