ローランドてんかんが、いつか治る日まで…

中学1年生の長女メイは良性小児てんかんの一種「ローランドてんかん(BECCT)」です。病気に負けずに、親子で頑張ります。

ローランドてんかんが、いつか治る日まで… > ローランドてんかんとは > ローランドてんかんで発達に影響が出る?

ローランドてんかんで発達に影響が出る?

ローランドてんかんについてネットでいろいろ調べていると、ショックなことが書かれていました。


知能が正常であっても、良性ローランドてんかんは注意欠損、多動、攻撃性等の行動障害を示すことがあり、発作間欠期のローランド棘波の頻度が高いほど認知障害が強いという(kksmile








良性のローランドてんかんは、知能や発達に問題のない普通の子供が多く、病気自体が発達に悪影響を及ぼすこともないと言われています。
しかし「絶対に100%影響がない」とまでは言い切れないということでしょうか…


今のところ、メイの発達や学校の成績は特に問題はないと思います。
中1の女の子としては、ごく普通に育っていると思います。お友達も多いです。
もっとも成績に関しては、トップクラスと言うわけではないのでもうちょっと頑張る余地はあると思っていますが…




AD




人によっては、抗てんかん薬の影響でADHDと似た症状が出る場合もあるそうです。
特にもともとADHDの子供は、一部の抗てんかん薬によって症状が悪化することがあるとのこと。
そうだとしても、大人になってローランドてんかんが完治して薬をやめることができれば、そのような症状も軽快していくんじゃないでしょうか。

良性と言っても「てんかん」は脳の病気ですし、長期間薬を飲むことになるので脳への影響はどうしても心配ですよね…
早く治ってほしい。
心からそう思います。



にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村




AD

プロフィール

HN:
さつき
性別:
女性
趣味:
料理
自己紹介:
長男・長女・次女と夫の5人暮らし。
長女のメイが小学生の時に「ローランドてんかん」を発症しました。
同じ病気のお子さんを持つ親御さんのために何か参考になれば…
よろしくお願いします。



ローランドてんかんって?



「ローランドてんかん」は「BECCT(ベクト)」「中心・側頭部に棘波を持つ良性小児てんかん」とも言い、小児てんかんの中ではかなり多いものです。

3~14歳ぐらいの子どもに発症し、寝入りばなか早朝にシルビウス発作(意識が保たれたままで片側の口がピクピクしたり、よだれが出たりする)が起こります。





思春期をすぎると発作が起こらなくなり、18歳ぐらいまでには完治する子が多いと言われています。

ローランドてんかんであれば昼間起きて活動している時に発作が起こることはないので、監視がきちんとしていればプールにも普通に入れます。



(画像はピッツバーグ小児病院のサイトより拝借させていただきました)

AD