ローランドてんかんが、いつか治る日まで…

中学1年生の長女メイは良性小児てんかんの一種「ローランドてんかん(BECCT)」です。病気に負けずに、親子で頑張ります。

ローランドてんかんが、いつか治る日まで… > ローランドてんかんとは > ローランドてんかんの発作の頻度

ローランドてんかんの発作の頻度

ローランドてんかんのお子さんはかなり多いと思いますが、他のお子さんは発作の頻度はどのぐらいなのかしら?と気になることもあるでしょう。

メイは3年ちょっと前に私の目の前で初めて大きな発作を起こして救急車で運ばれましたが、後で聞いてみると、その前から週に1度ぐらい軽い発作のような症状があったそうです。

いつ頃からあったのかはわかりませんが…








薬を飲み始めても、3か月に1度ぐらいはありました。
どういうわけか、春休みなど、発作が1度起きるとずっと起きやすくなり、2週間の間に4回も起きたこともありました。


通常は、ローランドてんかんの子は「発作の回数は、合計で10回未満」の場合が多いそうです。
この合計回数と言うのは発病から完治するまでの合計回数だと思いますが、治療した場合と自然に経過を見守っていた場合、どちらの場合を指しているのかは分かりません。


「稀に発作の頻度が非常に高い人もいる」とありましたが、メイもその「稀な人」に含まれるのかもしれません…幸い、今年に入ってから発作は止まっていますが…





AD





ローランドてんかんは、普通は寝入りばなか起きる直前にしか発作を起こしません。
もし起きているときなど、別の種類の発作があるようなら典型的なローランドてんかんではないかもしれないです。

急に頻度が増えたとか、発作が起こる時間帯が変化したとか、そのようなことがあれば主治医に相談したほうがいいですね。







にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村




AD

プロフィール

HN:
さつき
性別:
女性
趣味:
料理
自己紹介:
長男・長女・次女と夫の5人暮らし。
長女のメイが小学生の時に「ローランドてんかん」を発症しました。
同じ病気のお子さんを持つ親御さんのために何か参考になれば…
よろしくお願いします。



ローランドてんかんって?



「ローランドてんかん」は「BECCT(ベクト)」「中心・側頭部に棘波を持つ良性小児てんかん」とも言い、小児てんかんの中ではかなり多いものです。

3~14歳ぐらいの子どもに発症し、寝入りばなか早朝にシルビウス発作(意識が保たれたままで片側の口がピクピクしたり、よだれが出たりする)が起こります。





思春期をすぎると発作が起こらなくなり、18歳ぐらいまでには完治する子が多いと言われています。

ローランドてんかんであれば昼間起きて活動している時に発作が起こることはないので、監視がきちんとしていればプールにも普通に入れます。



(画像はピッツバーグ小児病院のサイトより拝借させていただきました)

AD