ローランドてんかんが、いつか治る日まで…

中学1年生の長女メイは良性小児てんかんの一種「ローランドてんかん(BECCT)」です。病気に負けずに、親子で頑張ります。

ローランドてんかんが、いつか治る日まで… > ローランドてんかんとは > ローランドてんかんの発作時に意識はあるか

ローランドてんかんの発作時に意識はあるか

メイがてんかん発作を起こすときって、いつも意識があります。
意識があるからこそ辛いのだと言っています…





しかし主治医は「ローランドてんかんは、発作の時意識がないこともある」とおっしゃっていました。実際どうなのか、ちょっと気になります。

メイも1度だけ、自分で覚えていない時があったようです…その日はうっかり抗てんかん薬を1錠飲み忘れた晩の深夜で、一緒の部屋で寝ている妹が気づきましたがメイ本人はほとんど何も覚えていなかったです。

ただし翌朝、頭が痛いと言っていましたが…

もしローランドてんかんの発作で意識がないのであれば、自分がてんかんだということすら気が付かない子どももいるんじゃないかしら。




AD




いろいろな医療サイトを見ると「意識が保たれたまま発作が起こることが多い」とか「通常は意識があるが、強直間代発作を起こすこともある」などと書かれています。

いわゆるローランドてんかんの普通の「シルビウス発作」であれば意識があるけれど、強直間代発作になった場合は意識がない…と、こういうことでしょうか。

ローランドてんかんの場合の強直間代発作というのは、最初は脳の一部分で起こったものが脳全体に広がっていくものだと思っていますが…

これ以上のことはちょっと分かりませんでしたが、基本的には発作時には意識があることがほとんどだということですね。



にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村




AD

プロフィール

HN:
さつき
性別:
女性
趣味:
料理
自己紹介:
長男・長女・次女と夫の5人暮らし。
長女のメイが小学生の時に「ローランドてんかん」を発症しました。
同じ病気のお子さんを持つ親御さんのために何か参考になれば…
よろしくお願いします。



ローランドてんかんって?



「ローランドてんかん」は「BECCT(ベクト)」「中心・側頭部に棘波を持つ良性小児てんかん」とも言い、小児てんかんの中ではかなり多いものです。

3~14歳ぐらいの子どもに発症し、寝入りばなか早朝にシルビウス発作(意識が保たれたままで片側の口がピクピクしたり、よだれが出たりする)が起こります。





思春期をすぎると発作が起こらなくなり、18歳ぐらいまでには完治する子が多いと言われています。

ローランドてんかんであれば昼間起きて活動している時に発作が起こることはないので、監視がきちんとしていればプールにも普通に入れます。



(画像はピッツバーグ小児病院のサイトより拝借させていただきました)

AD