ローランドてんかんが、いつか治る日まで…

中学1年生の長女メイは良性小児てんかんの一種「ローランドてんかん(BECCT)」です。病気に負けずに、親子で頑張ります。

ローランドてんかんが、いつか治る日まで… > ローランドてんかんとは > ローランドてんかんは遺伝?

ローランドてんかんは遺伝?

メイはローランドてんかん(中心・側頭部に棘波をもつ良性小児てんかん、BECCT)です。
しかし、私も夫も他の子供たちも、今のところ「てんかん」ではありません。
熱性けいれんも、1度も起こしたことはなかったです(メイも含めて)


ところが、ローランドてんかんは遺伝とかかわりの強いてんかんだと言われています。
初めて診断されたとき、MRIをしましたが、特にこれと言った脳病変は見つかりませんでした。
てんかんの原因になるような脳病変がないのに発作が起こるのは、やはり、そういう体質を生まれ持ったということなのでしょうか。


次女は出産時にちょっとトラブルがあったため、脳波とMRIをしました。
結果は異常なしでした。
長男・夫・私はそのような検査をしたことはありません。





AD






たまたまメイだけが何らかの原因でてんかんになっただけかもしれません。
また、てんかんのような脳波が出ていても、一生発作が起きない人もけっこういるそうです。
もしかしたら私や夫も、脳波を測定してみたら何かあるのかもしれません。
いま現在何ともなくても、実は子供の頃はそういう脳波の異常を持っていた可能性だってありますね。


ローランドてんかんは、子供のてんかんの中ではかなり多いものだそうです。
今後の研究で、さらにいろいろなことが分かってくるといいなと思います。






にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村




AD

プロフィール

HN:
さつき
性別:
女性
趣味:
料理
自己紹介:
長男・長女・次女と夫の5人暮らし。
長女のメイが小学生の時に「ローランドてんかん」を発症しました。
同じ病気のお子さんを持つ親御さんのために何か参考になれば…
よろしくお願いします。



ローランドてんかんって?



「ローランドてんかん」は「BECCT(ベクト)」「中心・側頭部に棘波を持つ良性小児てんかん」とも言い、小児てんかんの中ではかなり多いものです。

3~14歳ぐらいの子どもに発症し、寝入りばなか早朝にシルビウス発作(意識が保たれたままで片側の口がピクピクしたり、よだれが出たりする)が起こります。





思春期をすぎると発作が起こらなくなり、18歳ぐらいまでには完治する子が多いと言われています。

ローランドてんかんであれば昼間起きて活動している時に発作が起こることはないので、監視がきちんとしていればプールにも普通に入れます。



(画像はピッツバーグ小児病院のサイトより拝借させていただきました)

AD