ローランドてんかんが、いつか治る日まで…

中学1年生の長女メイは良性小児てんかんの一種「ローランドてんかん(BECCT)」です。病気に負けずに、親子で頑張ります。

ローランドてんかんが、いつか治る日まで… > ローランドてんかんとは > Benign Rolandic Epilepsy

Benign Rolandic Epilepsy

ローランドてんかんについて書かれた色々な医療サイトを見ていますが、ふと、海外のサイトを見てみようと思いました。

Benign Rolandic Epilepsy









サイトによると、ローランドてんかんの特徴として

・発作は通常2分間以内で、発作中は意識がある
・顔や舌の部分発作だが、時として強直間代発作を起こすこともある
・子供のてんかんのうち、15%を占める
・発作の頻度が低い上、夜間にしか発作が起こらないので、投薬していない子が多い
・多くの子供は15歳までに治る
・6歳から8歳で発症する子が最も多いが、3歳から13歳までの小児に見られる
・知能は正常であることが多い
・遺伝と関係があるかもしれない
・脳MRIは正常であることが多い
・睡眠不足、睡眠の中断、睡眠の質の低下が発作の引き金になることがある
・発症後2~4年で発作が止まる事が多い
・一部の子供は学習困難と行動上の問題を抱えるが、脳波が正常になれば通常これらの症状も消える


なるほど…とても参考になりますね。



AD




人種によってローランドてんかんの発症率や経過に違いがあるかどうかは分かりませんが、分かりやすいサイトで勉強になりました。

メイは治療開始後2年9か月で発作が一応止まりましたが、薬を飲んでいるからこそ今は止まっているので…
いつか薬をやめても本当に発作が起こらなくなる日が来るのかしら…
そうなってほしいです、早く。




にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村




AD

プロフィール

HN:
さつき
性別:
女性
趣味:
料理
自己紹介:
長男・長女・次女と夫の5人暮らし。
長女のメイが小学生の時に「ローランドてんかん」を発症しました。
同じ病気のお子さんを持つ親御さんのために何か参考になれば…
よろしくお願いします。



ローランドてんかんって?



「ローランドてんかん」は「BECCT(ベクト)」「中心・側頭部に棘波を持つ良性小児てんかん」とも言い、小児てんかんの中ではかなり多いものです。

3~14歳ぐらいの子どもに発症し、寝入りばなか早朝にシルビウス発作(意識が保たれたままで片側の口がピクピクしたり、よだれが出たりする)が起こります。





思春期をすぎると発作が起こらなくなり、18歳ぐらいまでには完治する子が多いと言われています。

ローランドてんかんであれば昼間起きて活動している時に発作が起こることはないので、監視がきちんとしていればプールにも普通に入れます。



(画像はピッツバーグ小児病院のサイトより拝借させていただきました)

AD