ローランドてんかんが、いつか治る日まで…

中学1年生の長女メイは良性小児てんかんの一種「ローランドてんかん(BECCT)」です。病気に負けずに、親子で頑張ります。

ローランドてんかんが、いつか治る日まで… > 抗てんかん薬 > アレルギー、グレープフルーツとてんかん

アレルギー、グレープフルーツとてんかん

うちの3人きょうだいの中で、お兄ちゃんは鼻が弱くて(成長とともにかなりマシになった)妹は軽い食物アレルギーがあります。
アレルギーの傾向が無いのは、メイだけです。






でも、てんかんとアレルギー、併せ持っているお子さんも多いんじゃないでしょうか?
てんかんのお子さんが抗アレルギー薬を服用する場合、気をつけなければいけないことがあるようです。

抗アレルギー薬の中には、てんかん発作を起こしやすくするものや、抗てんかん薬の副作用(眠気など)が出やすくなるものがあるのだそうです。


じんましん、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、花粉症などに使われる「抗ヒスタミン薬」は市販の風邪薬などにも入っていることがありますが、普段よりもてんかん発作が起こりやすくなるそうです。


特に子供の場合は、大人以上に気をつけなければいけないそう。





AD





てんかんと関係の無い症状で受診するときでも、てんかんのことは伝えたほうがいいと思います。

以前、小児科の先生が「えーっと、この薬はどんな副作用があったっけ?」と言いながら薬の辞典?をぱらぱらめくって確認されていたこともありました。


それと、抗てんかん薬のテグレトールを服用している場合はグレープフルーツやグレープフルーツジュースは避けたほうがいいそうです。


テグレトールの血中濃度が高くなりすぎる危険性があるとか…いろいろ難しいですよね。






にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村




AD

プロフィール

HN:
さつき
性別:
女性
趣味:
料理
自己紹介:
長男・長女・次女と夫の5人暮らし。
長女のメイが小学生の時に「ローランドてんかん」を発症しました。
同じ病気のお子さんを持つ親御さんのために何か参考になれば…
よろしくお願いします。



ローランドてんかんって?



「ローランドてんかん」は「BECCT(ベクト)」「中心・側頭部に棘波を持つ良性小児てんかん」とも言い、小児てんかんの中ではかなり多いものです。

3~14歳ぐらいの子どもに発症し、寝入りばなか早朝にシルビウス発作(意識が保たれたままで片側の口がピクピクしたり、よだれが出たりする)が起こります。





思春期をすぎると発作が起こらなくなり、18歳ぐらいまでには完治する子が多いと言われています。

ローランドてんかんであれば昼間起きて活動している時に発作が起こることはないので、監視がきちんとしていればプールにも普通に入れます。



(画像はピッツバーグ小児病院のサイトより拝借させていただきました)

AD