ローランドてんかんが、いつか治る日まで…

中学1年生の長女メイは良性小児てんかんの一種「ローランドてんかん(BECCT)」です。病気に負けずに、親子で頑張ります。

ローランドてんかんが、いつか治る日まで… > 抗てんかん薬 > 薬価、ものすごく違います

薬価、ものすごく違います

メイ、イーケプラを減らしてデパケンR錠に切り替え中ですが、とりあえず大丈夫みたいでほっとしました。でも、まだ切り替え始めたばかりなので油断はできませんよね。









メイの飲んでいる薬は、上の画像のように、1回に飲む薬をすべて1パックにまとめてもらっています。

マイスタンは1.5錠なので、どうしてもこんなふうにしてもらわないとね…
だから薬局ではいつも長時間待ちますが、仕方がないです。


冬なんかで、同時に妹が風邪をひいて薬をもらうときなどは、間違えないように名前を印字してくれるんです。とてもありがたいことです。


次回の受診日は23日で、その時にさらにイーケプラを減らしてデパケンR錠を増やすそうです。
イーケプラは半錠になるのかな?





AD





ところで、デパケンR200mg錠の薬価は16.9円、イーケプラ250mg錠の薬価は123.7円です(2017年現在)。イーケプラは1日あたり750mg飲んでいましたが、デパケンRはたぶん600mgぐらいでいいんじゃないかと言われています。多くても800mgってところ?


中学生までは医療費がかからない自治体とはいえ、薬価が違いすぎますね…あまりにも。


安いデパケンRよりもさらに安価なジェネリックもあるんですけど、主治医は「やっぱりね、ジェネリックだと血中濃度の評価とか微妙に違ってくるから、あまり使いたくないのよね」とおっしゃってました。


いろいろあるんだなぁ…






にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村




AD

プロフィール

HN:
さつき
性別:
女性
趣味:
料理
自己紹介:
長男・長女・次女と夫の5人暮らし。
長女のメイが小学生の時に「ローランドてんかん」を発症しました。
同じ病気のお子さんを持つ親御さんのために何か参考になれば…
よろしくお願いします。



ローランドてんかんって?



「ローランドてんかん」は「BECCT(ベクト)」「中心・側頭部に棘波を持つ良性小児てんかん」とも言い、小児てんかんの中ではかなり多いものです。

3~14歳ぐらいの子どもに発症し、寝入りばなか早朝にシルビウス発作(意識が保たれたままで片側の口がピクピクしたり、よだれが出たりする)が起こります。





思春期をすぎると発作が起こらなくなり、18歳ぐらいまでには完治する子が多いと言われています。

ローランドてんかんであれば昼間起きて活動している時に発作が起こることはないので、監視がきちんとしていればプールにも普通に入れます。



(画像はピッツバーグ小児病院のサイトより拝借させていただきました)

AD