ローランドてんかんが、いつか治る日まで…

中学1年生の長女メイは良性小児てんかんの一種「ローランドてんかん(BECCT)」です。病気に負けずに、親子で頑張ります。

ローランドてんかんが、いつか治る日まで… > 日々の記録 > 発作の翌日はビクビク…

発作の翌日はビクビク…

昨日の朝、久しぶりに発作が起こったので、私はビクビクでした。






どういうわけか、深夜1時半にメイの妹が私たちの部屋に入ってきて夫も私もびっくり仰天。なんでも、怖い夢を見たらしくて…

「大丈夫だから寝なさいね」と言うと素直に戻っていき、今朝「ごめんね」と言ってましたが、何かあったのかと本当に怖かったです。メイは妹と同じ部屋で寝ているので。

で、今朝、メイを何時に起こすか悩みました。
6時に起こすと朝食後に2度寝してしまうし、あまり遅くまで寝かせておくと学校の支度が間に合わないし…

結局、6時半過ぎに起こしました。
薬を飲むところを確実に見て、朝食後は2度寝をしないで登校しました。やれやれです。




AD





昨日の夕方、中学校の担任の先生が心配して電話を下さいました。
それで「たとえば学校のトイレで倒れたりとか、そういう可能性はありますか?」と。

以前、別の生徒さんがてんかんでトイレで倒れていたことがあるらしくて…
「メイは起きているときには発作を起こすことはないです、寝ているときだけなので学校では大丈夫だと思います」と伝えたら先生、ほっとなさったみたいでした。

しかし保健室の先生も「てんかんで薬を飲んでいる生徒は何人もいますが、みんな頑張っています」とおっしゃっていました。

いちいち言わないだけで、メイと同じようにてんかんと向き合っている子は多いのだろうと思います。皆で良くなりたいです!!


にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村




AD

プロフィール

HN:
さつき
性別:
女性
趣味:
料理
自己紹介:
長男・長女・次女と夫の5人暮らし。
長女のメイが小学生の時に「ローランドてんかん」を発症しました。
同じ病気のお子さんを持つ親御さんのために何か参考になれば…
よろしくお願いします。



ローランドてんかんって?



「ローランドてんかん」は「BECCT(ベクト)」「中心・側頭部に棘波を持つ良性小児てんかん」とも言い、小児てんかんの中ではかなり多いものです。

3~14歳ぐらいの子どもに発症し、寝入りばなか早朝にシルビウス発作(意識が保たれたままで片側の口がピクピクしたり、よだれが出たりする)が起こります。





思春期をすぎると発作が起こらなくなり、18歳ぐらいまでには完治する子が多いと言われています。

ローランドてんかんであれば昼間起きて活動している時に発作が起こることはないので、監視がきちんとしていればプールにも普通に入れます。



(画像はピッツバーグ小児病院のサイトより拝借させていただきました)

AD