ローランドてんかんが、いつか治る日まで…

中学1年生の長女メイは良性小児てんかんの一種「ローランドてんかん(BECCT)」です。病気に負けずに、親子で頑張ります。

ローランドてんかんが、いつか治る日まで… > 母の気持ち > ローランドてんかんは、きっと治ります

ローランドてんかんは、きっと治ります

このブログに「ローランドてんかん 完治」「ローランドてんかん 治る」などのキーワードで検索して訪問してくださる方が多いです。
いつも見てくださって本当にありがとうございます。





ローランドてんかんが完治するかどうかは、もう本当に気になりますよね…

ネットの掲示板や質問サイトなどで「子供のてんかんは治りますか?」と質問している人に対して「てんかんは治ることはありませんよ」と返信している人もたまに見かけますが…


本当にローランドてんかんであれば、ほぼ18歳までに完治するそうです。
治らなかったら、じつはローランドてんかんではなかったということらしいです。

薬をやめても発作が起こらず、脳波が正常になったのなら、それはもう治ったと言えるんじゃないでしょうか。

ただ、子供の時に発症するてんかんだという点では同じなのに、なぜ治るてんかんと治りにくいてんかんがあるのかは私にはわかりません。

ローランドてんかんが年齢とともに自然に治っていくメカニズムから、他の種類のてんかんも治せるようにするためのヒントとか見つからないかな…




AD




私たち親にできることは、子供にきちんと薬を飲ませたり、規則正しい生活をさせることですね。そして、いつか必ず治るのよと言って安心させて、楽しく生活させることが大事なのかなと思います。


普段、病気のことなんてまったく気にしてないように振る舞っているメイですけど、たまーに「お母さん、メイの病気はいつか治るのかな…」なんて言い出すこともあります。
昨日もそうでした。
そんな時は「大丈夫、きっと治るから」と言ってやります。



ローランドてんかんの子はぱっと見分からないので他人には何も言ってない人が多いけれど、じつは結構たくさんいるはずです。

密かに同じことで悩んでいる親子は、皆さんの周囲にもいるかも…皆で、がんばりましょうね。


にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村




AD

プロフィール

HN:
さつき
性別:
女性
趣味:
料理
自己紹介:
長男・長女・次女と夫の5人暮らし。
長女のメイが小学生の時に「ローランドてんかん」を発症しました。
同じ病気のお子さんを持つ親御さんのために何か参考になれば…
よろしくお願いします。



ローランドてんかんって?



「ローランドてんかん」は「BECCT(ベクト)」「中心・側頭部に棘波を持つ良性小児てんかん」とも言い、小児てんかんの中ではかなり多いものです。

3~14歳ぐらいの子どもに発症し、寝入りばなか早朝にシルビウス発作(意識が保たれたままで片側の口がピクピクしたり、よだれが出たりする)が起こります。





思春期をすぎると発作が起こらなくなり、18歳ぐらいまでには完治する子が多いと言われています。

ローランドてんかんであれば昼間起きて活動している時に発作が起こることはないので、監視がきちんとしていればプールにも普通に入れます。



(画像はピッツバーグ小児病院のサイトより拝借させていただきました)

AD