ローランドてんかんが、いつか治る日まで…

中学1年生の長女メイは良性小児てんかんの一種「ローランドてんかん(BECCT)」です。病気に負けずに、親子で頑張ります。



ローランドてんかんが、いつか治る日まで… > 母の気持ち > 子供はギンナンは7個まで

子供はギンナンは7個まで

昨日メイが「お母さん知ってる?イチョウの葉に毒があるんだって」と言ったのでドキリとしました。




先日、ギンナンの実を食べすぎるとてんかん発作が起こりやすくなるということを記事にしたので…子供は7個以上、大人は40個以上食べると危険らしいです。

有毒成分「メチルピリドキシン」が原因だそう。特に、脳内の神経伝達物質である「GABA」を生成させるビタミンB6の働きを邪魔するため、けいれんや呼吸困難を引き起こすのだそうです。

しかも、メチルピリドキシンは熱に強いので、焼いたり、ゆでたりしても毒性は失われないんだとか…子供でギンナン7個以上食べることは無いとは言えないので、みなさん気を付けてください。





AD





次のてんかん外来までちょうど1週間になりました。このまま発作が止まっていればいいのですが…寝た後と朝、起こすときはヒヤヒヤします。

3年9か月ぐらい前に私の目の前で大きな発作を起こして救急車を呼んだこと、今でも思い出すと苦しくなります。

周囲のお友達はほとんどこういう悩みは何もない子たちばかりで、羨ましいなぁ…と思ったりします。でも、どうしてだろうと考えても仕方がないですもんね。




にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村




AD

プロフィール

HN:
さつき
性別:
女性
趣味:
料理
自己紹介:
長男・長女・次女と夫の5人暮らし。
長女のメイが小学生の時に「ローランドてんかん」を発症しました。
同じ病気のお子さんを持つ親御さんのために何か参考になれば…
よろしくお願いします。



ローランドてんかんって?



「ローランドてんかん」は「BECCT(ベクト)」「中心・側頭部に棘波を持つ良性小児てんかん」とも言い、小児てんかんの中ではかなり多いものです。

3~14歳ぐらいの子どもに発症し、寝入りばなか早朝にシルビウス発作(意識が保たれたままで片側の口がピクピクしたり、よだれが出たりする)が起こります。





思春期をすぎると発作が起こらなくなり、18歳ぐらいまでには完治する子が多いと言われています。

ローランドてんかんであれば昼間起きて活動している時に発作が起こることはないので、監視がきちんとしていればプールにも普通に入れます。



(画像はピッツバーグ小児病院のサイトより拝借させていただきました)

AD